高血圧の食事に困っているなら、宅配サービスを試してみませんか?

高血圧の食事は、塩分2グラム以内!

高血圧の食事は、塩分制限やカロリー制限を基本として、栄養バランスも必要で、良質なタンパク質や脂肪酸は摂らなければならない栄養素です。 この条件で食事を作るのは手間もかかるため、奥さん負担は想像以上に大きなものとなります。かと言って外食や弁当は最悪です。

高血圧で食べてはいけない食事の画像

最近は、コンビニの弁当や定食など栄養成分が表示されているので、塩分やカロリーが分かるようになっています。食事の時は、必ず確認してから選ぶようにします。 ただし、外食で食べられるものは、ほとんど塩分が3~4グラム以上含まれています。多いものだと1食で6~8グラムもあります。 またカロリーにおいては、500~1000kcalのものばかり!外食はNGの食べ物だらけです。

そこで高血圧の食事宅配サービスが大活躍!

高血圧の食事は、外食よりも自炊するのが理想的です。しかし、お子さんや家族がいる場合、毎回つくるのは大変です。多くの方がやっているのが、1週間分を作り置きして、少しずつ小皿にとって食べる方法です。 そして、もう一つの方法が、食事宅配サービスの活用です。

食事宅配サービスとは、管理栄養士が作った弁当が冷凍で届けられます。塩分は2グラム以内、カロリーは240kcalとヘルシーなのに、しっかりダシで味付けされています。 食べる時に電子レンジでチンするだけで、作り立てのような美味しさを再現できます。おかずだけが冷凍弁当になっていますので、ご飯の量を調整すれば1食分のカロリー制限を守ることができます。

高血圧の冷凍弁当の画像

塩分2グラム!カロリー300kcal!

冷凍弁当メニューの画像

詳しくはコチラから

高血圧の宅配弁当は主食の量でカロリーを調整します。

高血圧の宅配弁当は、おかずのみで1食あたり300kcalで作られています。1日のカロリー制限がある方は、1食あたり摂れるカロリー量から300kcalを引くと主食の食べられる量が決まります。 例えば、1食あたり600kcal以内に制限されている場合は、おかずの300kcalを引くと主食で食べられるのは300kcalになるという計算です。ちなみに白米のカロリーは以下のようになります。

ごはん 100g ごはん 150g ごはん 200g
168kcal 252kcal 336kcal

このように白米のカロリーは、100グラムで約168kcalと計算すると簡単です。おかずが300kcalで、ごはん100グラム(168kcal)なら合計で468kcalとなります。これなら分かりやすくて管理も簡単です。

ご飯の量が少なくて満足出来ない時の対策方法

私が高血圧の宅配弁当を利用し始めた頃に思ったのは、量が少なすぎて食事で満足感を得ることが出来ませんでした。 しばらく我慢すると胃が慣れてきて平気になるのですが、今まで暴飲暴食をしてきた私が我慢できませんでした。 そこで考えたのが、低カロリーで満腹感を得られる『こんにゃく米』です。

低カロリーこんにゃく米の画像

■■━━我慢ゼロのダイエット生活!完全無農薬こんにゃく米!!━━━■■

食べたいものを食べないで長生きなんてしたくない!お宅のご主人様は こんな言葉を口にしていませんか?特に男性は炭水化物が大好き! ご飯を食べないと食べた気がしない。でもからだコントロールの完全無農薬 こんにゃく米なら大丈夫!言わなければ、まず気付きません! 家族みんなのご飯をこんにゃく米入りに変えてみたら、たっぷりの食物繊維で 奥様のお通じも良くなり、ダイエット効果とデトックスによる美肌効果も期待大。 家族みんなが得するダイエット方です!

こんにゃく米の詳細はコチラ


高血圧の食事宅配サービスは、色々な会社が提供していますが、私が一押しするは、ウェルネスダイニングが提供する健康応援気配り宅配食です。 お勧めポイントは、多彩なメニューが用意されているので飽きない点です。塩分控えめなので普通のお弁当と比べると美味しさは劣りますが、こだわりの味付けは薄味ながら美味しいと言える範囲です。 ※あくまでも健康食なので過剰な期待はしないでくださいね。

私は、高血圧の食事宅配サービスを使って2年が過ぎようとしていますが、1週間のうち弁当を食べる日は、3日に一度のペースです。多い時は毎日1食食べる時もありますが、自炊出来ない時だけ利用するようにしています。 最初の半年は、ウェルネスダイニングだけを使っていたのですが、他の食事宅配サービスは、どんな味がするのか知りたくて色々なサービスを併用して試してみました。

どのサービスも大きな違いはないのですが、どんなメニューが送られて来るのか楽しみになってくるのです。
飽きずに長く続けるためにも複数のサービスを並行して使ってみるのもお勧めです ⇒ 彩ダイニング

詳しくはコチラから

高血圧の食事を効果的にする方法

もっと効果のある高血圧の食事を試しませんか!

藤城式高血圧の食事法

高血圧の食事療法を行っている方へ!現在の食事で効果を感じていなければ、 年間100回以上の講演や合宿を行っている食事療法の第一人者である藤城博さんが 推奨する高血圧の食事を試してみませんか?この食事を続けるだけで、高血圧を根本的に改善できると テレビや健康雑誌で紹介されるほど注目される画期的な方法です。

秘密は、食事の効果を高めるある方法にあります。 通常の高血圧の食事は、塩分制限とカロリー制限に栄養バランスが基本です。これは高血圧になる前の健康な状態に戻るための食事ですから、効果がでるまでには相当な時間が必要となります。 一説によると高血圧になるまでには10年以上の時間がかかっているので、食事で元に戻すには同じ時間が必要と言われています。

藤城博さんの食事方法を実践した方の中には、3日で血圧が下がったという体験をされた方が多く存在しています。

藤城さんの食事レシピにも、血圧を下げる食べ物と血圧を上げない食べ物が紹介されています。食事を通して高血圧にならない健康な体質に改善するのが目的ですが、 身体に良い食事も普通に食べただけでは効果に時間がかかるそうです。

その理由は、内臓機能の衰えです。高血圧になってしまうほど悪い食生活をしていた訳ですから、血管は動脈硬化で細くなり全身の細胞に血液がスムーズ届かなくなっています。 必要な栄養が届かないと、内臓が本来の機能を発揮できなくなります。特に栄養を吸収する消化系が問題です。 この問題を劇的に改善するのが藤城博さんの食事法です。

詳しくは公式ページで

おすすめ宅配弁当はどこ?

実際に宅配弁当を食べてみると味や満足感に大きな差があることに気が付きます。もちろん好みもありますので、一概に言えません。 しかし、現在のところ一番おいしく感じたのは食宅便の塩分ケアコースです。もともと日清医療食品は、医療・福祉・介護などの施設に 食事を提供している会社です。管理栄養士だけでも数百人もいるのです。その優秀な管理栄養士が塩分が少なくても、美味しく食べられるように調理したの宅配弁当ですから満足度も高いのかも知れません。

日清医療食品の食宅便(宅配弁当)を徹底比較

Menu

ページの先頭へ